加工製品

加工製品のご紹介

五百旗頭加工所は昭和44年以降、プラスチック容器への特殊印刷、熱転写、ホットスタンプ(箔押し)を行ってきました。
お箸やお弁当箱、シャンプー、リンスの入れ物、コップ、収納ボックス、ゴミ箱などプラスチック製の生活用品、家庭用品など形状は問いません。
平らな物から角度の付いたもの、大きいもの小さいもの、プラスチックであればどんな物でも加工します。

フィルム転写

製品
製品
製品
製品
製品
製品

フィルム転写による加工の特長

フィルム転写は特殊なフィルムを利用してプラスチック容器に巻きつけて容器に直接貼り付けていきます。
完全な密閉状態で貼り付けるので、水に強く貼り付けた後から剥がれることはありません。
柔軟なフィルムですので容器の形に合わせて変形して、あらゆる形状のプラスチック製品に貼り付けることが可能です。
水に強く、多色の絵柄でも、印刷をフィルムに施しているので、デザイナーの思ったカラーに仕上げることができるのが特徴です。
絵付け作業を短縮でき、印刷ミスによるロスを減らすことができます。

フィルム転写の加工行程
1. 加工する製品のチェック 

お客様からお預かりした加工するプラスチック製品・容器のチェックをします。材質や形状などを確認して使用するフィルムを選んでいきます。

2. フィルムの準備 

貼り付ける容器や材質に合わせてフィルムを選びます。
フィルムが決まると、プラスチック製品の形状に合わせてデザインの確認をしてフィルムにデザインを印刷していきます。

3. フィルムの圧着 

プラスチック製品に熱と特殊なのりを使いフィルムを圧着します。
お預かりしているプラスチック製品にジグとゴムラバーを使って丁寧に圧着します。

4. 検品・納品

フィルムを圧着したプラスチック製品を1つ1つ検品していきます。
検品が完了しましたら、ご依頼主様へ速やかに納品をして作業は終了です。

ホットスタンプ(箔押し)

製品
製品
製品
製品
製品
製品

ホットスタンプ(箔押し)による加工の特長

熱転写・ホットスタンプ(箔押し)では箔という絵柄を印刷フィルムや金属を熱と圧によって貼っていきます。
蒸着箔では、金属光沢がそのまま製品表面に転写されるので、インキでは出来ないような金属光沢が得られます。
金属光沢を出すのに箔を貼ることにより塗装などよりもデザイナーのイメージを妥協せずに表現できるので、商品の容器やパッケージ、エンブレム等の印刷に利用できます。
更に箔には溶剤は使いませんので、塗装と違い乾燥工程も不要です。

ホットスタンプ(箔押し)の加工行程
1. 加工する製品のチェック 

お客様からお預かりした加工するプラスチック製品・容器のチェックをします。材質や形状などを確認して使用する箔を選んでいきます。

2. ザインの確認・刻印の準備 

お預かりしたデザインのデータをもとに刻印を発注します。
お客様からの刻印のお預かりも承りますが、プラスチックの形状や刻印によっては当社で再度お作りする場合もございますので予めご相談ください。

3. 箔の圧着 

ジグ・刻印を使って箔を圧着していきます。
箔の表面には、特殊なのり付着されており、加熱された版などが接触し、圧力を加えることで絵柄を製品に転写します。
もともと、箔には溶剤は使いませんので、乾燥工程も不要です。

4. 検品・納品

箔を圧着したプラスチック製品を1つ1つ検品していきます。
検品が完了しましたら、ご依頼主様へ速やかに納品をして作業は終了です。

設備一覧

五百旗頭加工所は昭和44年以降、プラスチック容器への特殊印刷、熱転写、ホットスタンプ(箔押し)を行ってきました。
プラスチック容器の形状やサイズに合わせて設備を使い分け、正確な加工を施します。

アップダウン機

メーカー 型式 台数
A6-C 6台
V-08 10台
R-2 2台
GIT 1台
その他 2台

ロール転写機機

メーカー 型式 台数
RAS-60 1台
RAS-100 2台
RAS-150 1台
RT-150 2台
RA-150 3台
GR-150 2台

加工実例一覧

加工実績のあるプラスチック製品一覧です。
これまで様々な形状のプラスチック製品・容器を熱転写、フィルム転写、ホットスタンプ(箔押し)で加工を施してきました。

▪箸 ▪弁当箱 ▪シャンプー容器 ▪リンス容器 ▪コップ